ブログで読んだ論文についてのまとめを始めてみます

output-summary コラム

私は企業で研究職として働いているわけですが、論文をよく読みます。

ところが、時間が過ぎ去るのが早い・・・。
論文を読むのに取れる時間が少ないと感じています。

その割に読んだ内容があまり定着していないように感じていました。
これはまずいな、と危機感を覚え、ツイートしたのが下記です。

本ブログをうまく活用できないかなと考えました。
最近更新ペースもめっきり落ちているので、上げていきたい気持ちもあります。

どうやって活用していくか。ツイートでメモ程度に残してみました。

これをもう少し掘り下げ、問題点と現時点での対策について書いてみます。

論文の読み方における問題点

整理とかデジタル化に興味があったので、これまでも個人的に色々やっていました。
しかし、今の生活スタイルに合わないものも出てきました。

著作権的な問題を恐れてインプットのみ

論文も著作物なので、あれこれ許可なく個人ブログにアップするわけには行きません。
著作権違反というのを必要以上に恐れていたように思います。

そのため、これまでは文献管理ツールMendeleyで論文を管理。
論文は読んで終わりのインプットしかしていませんでした。

むやみなインプットはあまり効果が出ないと感じています。

きっちり内容をまとめようとしすぎ

そこで次はEvernoteを活用してみました。
論文のないように関して、個人的なまとめを作成しようと考えました。

性格上の問題かもしれませんが、しっかり内容を書き留めようと無駄に時間をかけてしまいます。
言うほど効率は上がりませんでした。

論文から学べることはごく一部なはずです。
内容を留めるのに夢中になって、本末転倒になっていたかもしれません。

反面、読みたい論文はどんどん溜まっていくという悪循環でした。

論文の内容を定着させるための対策

以上のことを踏まえ、今後対策として以下のように考えました。

インプットとアウトプットの使い分け

Evernoteも共有機能などあるのですが、周りに使える人がおらず結局個人使用です。

ではどうしようかなぁと思ったときに、ブログがあるじゃんと思いました。

著作権の問題もあるので、何でもかんでもブログに書けるわけではありません。

そこで
Evernote→とにかく自分の血肉にしたいものをまとめる
ブログ→考えたこと、研究アイデアを書く

こう使い分けるのがいいかなと考えました。

あくまでアウトプット(ブログ)を念頭に

上記ではEvernoteにまとめる部分は変わっていません。
結局効率が上がらなくなってしまう危険性があります。

これは意識の問題なのですが、ブログに書く内容を念頭に論文を読むことにしてみます。

つまりは
・何がいいアイデアと思ったか、新規性があるか
・自分の研究に何が活かせるか
・何に感心したか、勉強になったか

という点を意識してインプットも行おうということです。

自分も読者も参考になれば一石二鳥

今回は思いつくままを書きなぐりました。
読みづらいかと思いますが、ご容赦ください。

アウトプットする理由は、自分のためというのが原動力です。
でも、それが読んだ人になにかインスピレーションを与えられる可能性もあります。

そうなると一石二鳥でお互いに気持ちが良くなります。

早速取り掛かってみたいと思います。

コメント