RNA:DNAとは何が違うのか?

RNAとDNAの違い 核酸

DNAの次はRNAに入っていく。

前回の復習

DNAとRNAの違い

RNAは遺伝情報であるDNAから転写されてできる。
DNAとの違いはぱっと見あまりなく、以下の2つといえる。

  • 糖の2’位が水素(-H)ではなく、ヒドロキシ基(-OH)であること。
  • チミン(T)の変わりにウラシル(U)が用いられる


二重らせんを形成するDNAと対照にRNAは原則一本鎖である。
それゆえ、分子内で塩基対を作ることが多く、代表的なのがステム・ループ構造である。

RNAは単なる遺伝情報の橋渡し?

RNAは従来、DNAからタンパク質を作る際の橋渡し役であると考えられてきた。

しかし、RNAが高次構造を取るのは、単にRNAが遺伝情報をタンパク質に翻訳する役割だけではないという風に考えられている。

例えば、RNAの高次構造にタンパク質が結合することで、翻訳速度を調節するような配列が存在することが知られている。

また、最近ではRNA自体は酵素のような働きをするものが明らかになってきた。
これをRNA(ribonucleotide)と酵素(enzyme)をかけ合わせ、リボザイム(ribozyme)とよぶ。

この発見から、生命にとって重要な過程が始まったのは小さなポリヌクレオチドの多彩な能力が発端になっているというRNAワールドという説を支持するものとして考えられている。

最後に

まだまだRNAワールドが生命の始まりであるというのは議論の余地があるところだ。
脇役なイメージだったRNAが始まりという、RNAワールドは非常に興味深い。

DNAとRNAを紹介したところで、次は「セントラルドグマ」について見ていく。

遺伝情報からタンパク質をつくる:セントラルドグマ
いわゆる「分子生物学のセントラルドグマ」の概要についてまとめていく。DNAは次世代に遺伝情報を渡すために、自らのコピーを作る必要がある。これが「複製」である。遺伝子DNAからRNA鎖を作るステップが転写である。RNAの情報を基にタンパク質を合成するステップは翻訳とよぶ。

コメント