大学院生活

大学院生活

学生がどこまで研究テーマにこだわるべきなのか?

研究はうまくいくことばかりではありません。失敗した実験について考え、ようやく結果を出すことができます。問題は長い期間かけて取り組んでも改善が見られなくて、袋小路になってしまった場合。そんなときにどう考えるのがいいのかについて私の考えを書いてみました。
2019.05.06
大学院生活

Mendeleyを用いた論文管理の基本とReference挿入

大学院生を含む研究者は日々膨大な数の論文と触れ合います。最初のうちはいいですが、そのうち調べ物が加速するとPDFファイルであふれかえります。そこで便利なのが、文献管理ソフトです。私は学生時代から「Mendeley」というソフトを使っています。この記事ではMendeleyについて簡単に紹介します。
2019.05.06
大学院生活

プレゼンを助けるスライドの作成方法

プレゼンをする上で、スライドは発表者を助ける必須のツールです。近年は専門分野も細分化しているので、内容を理解させるためにはある程度スライドを作り込む必要が出てきます。なるべく聴衆の負担にならないようにし、メッセージを明確にすることが重要です。この記事では、ではそのためにどうすればいいか?を考えていきます。
2019.05.06
大学院生活

学会などで「良い」プレゼンをするために気をつけること

研究している中で、学会参加の機会が訪れます。そうすると、必要になるのはプレゼンです。発表することは緊張するものです。ただでさえ内容を話すのに精一杯なのに、時間や話す内容などに気を配らなければなりません。どうしたらより良いプレゼンをすることができるか?今回は、私が考えるポイントをいくつか紹介します。
2019.05.06
大学院生活

文献紹介(ジャーナルクラブ)への取り組み方

研究室の中では、持ち回りで文献紹介(ジャーナルクラブ)が行われるところも多いだろう。とはいえ、自己流で取り組んでいる人も多いのではないだろうか。もし、研究室で具体的な指針が示されているなら、それに従ってもらえればいい。そのような指針がなく、なんとなくやっているようなら参考にしてもらいたい。
2019.05.06
大学院生活

研究を進める原動力:ラボミーティングへの心構え

研究室に入ると、定期的にミーティングをする機会があるかと思います。ただ時間が設けられているだけの場合はただ何となくやってしまっている人もいるのではないでしょうか。工夫次第では短時間で効率良いミーティングにできると考えます。
2019.05.06
大学院生活

博士号の取得:博士課程の在籍中に気をつけたいこと

博士号を取るということは、研究者として認められたという一つの形と言えます。実験、研究成果の発表など、研究に必要な力を一定のレベル以上に高める必要があります。 私も博士号を取りましたが、博士課程のときは考えが至っていないところがいくつかありました。
2019.05.06