FunChem

無機化学ノート

化学結合の種類:概論

原子は他の原子と結合することで分子を作っている。この化学結合について、どのような種類があるのかについて見ていく。結合を知ると、水溶性や結合の強さなどといった化学的性質の理解につながる。イオン結合:陽イオンと陰イオンの静電的な結合 共有結合:文字通り、二原子間で電子を共有 配位結合:共有結合の特別なケース
2018.09.17
無機化学ノート

電子対の数から考える分子の形:VSEPRモデル

水などの簡単な分子に関しては、分子の形は折れ線型と覚えている人も多いだろう。しかし、多くの分子は分子式を見ただけでは、形を推測することはできない。分子の形を決める要因となる価電子から、分子の構造を簡単に推定することのできるモデルがVSEPRモデルである。
2018.09.17
無機化学ノート

核と電子の綱引き:原子半径とイオン化エネルギーの傾向

有効核電荷は、電子を引きつける強さに関連するパラメータである。この有効核電荷と電子の引っ張り合いがわかるパラメータとして原子半径とイオン化エネルギーがある。まずこれら定義や周期表内での傾向について紹介していく。
2018.09.17
大学院生活

研究を進める原動力:ラボミーティングへの心構え

研究室に入ると、定期的にミーティングをする機会があるかと思います。ただ時間が設けられているだけの場合はただ何となくやってしまっている人もいるのではないでしょうか。工夫次第では短時間で効率良いミーティングにできると考えます。
2018.05.24
無機化学ノート

多電子原子の電子配置(2):dブロック元素

前回から多電子原子の電子配置について見ている。第2周期までの元素についてまでしか取り上げていなかった。これは第3周期(3p軌道が閉殻になる)までは同じように説明できる。 問題は第4周期からになる。ここから少しふるまいが違ってくる。
2018.09.17
無機化学ノート

多電子原子の電子配置(1):有効核電荷と遮へい

第2周期からの電子の入り方について見ていく。主量子数に関して、3番目の電子から、すぐ上の電子殻(n=2)の軌道を占めなければならない。ここで問題になるのは、第3の電子が占めるのは2sなのかそれとも3個の2pのうちのどれなのか?である。
2018.09.17
大学院生活

博士号の取得:博士課程の在籍中に気をつけたいこと

博士号を取るということは、研究者として認められたという一つの形と言えます。実験、研究成果の発表など、研究に必要な力を一定のレベル以上に高める必要があります。 私も博士号を取りましたが、博士課程のときは考えが至っていないところがいくつかありました。
2018.05.24
無機化学ノート

第一周期元素の電子配置:パウリの排他原理

電子のエネルギーや角運動量を決める5つの量子数について整理した。では、実際に電子はどういう順番で埋まっていくかについて考える。初めに簡単なところからで、第一周期元素である水素とヘリウムを取り上げる。電子配置を考える上で、避けては通れない法則がある。 それが、パウリの排他原理である。
2018.09.17
オピニオン

実験の自動化・キット化はいいことか?

研究現場では、実験にキットを用いる割合が多くなっています。 また、生命科学系では馴染みがありませんが、ロボットやAIなんかも流行っています。 このような簡易化・自動化には、大学ではいいところ・悪いところ言われます。その辺について、考えているところをまとめてみます。
2018.09.15
無機化学ノート

水素型原子の電子スピン:量子数の整理

最近は無機化学、特に原子と分子の化学結合を復習しています。やはり化学反応を考えていく上で、結合の話は避けては通れないでしょう。電子は、原子核の周りの空間を占めている。よく原子核の周りを回っている絵を目にするが、厳密には正しくない。難しい言い方になるが、あくまで存在確率を規定しているに過ぎない。
2018.09.15